オフィス

ウェビナーやM2Mなどの技術を活用しよう!|わくサポ

社用車を管理する

システム

社用車の車両管理は、会社の資産管理の中でも比較的難しいとされています。事故を起こすリスクや損害を最小限にし、運用コストを抑える対策が必要となります。効率化出来るシステムを導入するなどの対策が有効です。

この記事を読む

車両管理の手間を削減

ネットワーク

テレマティクスサービスを導入することによって、車両管理を効率化することができます。車両がどこにいるかをリアルタイムで確認し、ドライバーの運転に関する情報もデータ化してくれます。

この記事を読む

機械が自動で管理

ネットワーク

機械同士が通信を行い、人間の介在なしで様々なものの管理を行うことができるシステムがM2Mです。M2Mは農業分野や物流分野など、多種多様な分野で活用されています。

この記事を読む

最新の技術

PC

近年の科学技術の発展は著しく、ビジネス活動をサポートする技術やシステムが数多く登場しています。その1つとして挙げられるのが、ウェビナーです。ウェビナーとはインターネットを使って配信するWebセミナーの略です。ウェビナーを活用することによって、これまでセミナーを開催する際に生じていた様々な作業を省くことができます。例えば、セミナーを行なう会場を押さえる手間とコストを削減することが出来ます。会場の大きさによっては受講者の数に限りがありますが、ウェビナーであれば制限なく受講者を募ることが出来ます。更に、ネットで全世界に配信することができるので、地方や外国に足を運ばなくてもオフィスや自宅などで配信することが出来ます。セミナーで全国各地を飛び回っているという方は、ウェビナーを活用することで移動にかかる時間とコストを削減することが出来ます。
企業の社用車を管理する車両管理は大変な手間がかかる業務で、担当者に大きな負担がかかってしまいます。車両管理を効率化したいのであれば、テレマティクスサービスを導入すると良いでしょう。テレマティクスサービスを導入することによってリアルタイムで車両を管理でき、ドライバーの運転に関する情報もデータにして可視化してくれます。車両管理にかかる手間とコストを削減し、リスクを軽減したいのであればテレマティクスサービスを導入しましょう。その他にも、人間が介在しなくても機械同士のコミュニケーションで様々な設備の管理をすることができるM2Mなども上手に活用して業務を効率化していきましょう。